プラチナって本当にいいの?

プラチナって本当にいいの?

現在、日本国内に流通しているブライダルリングの約80%がプラチナ製だと言われています。
世界的にみると、プラチナのブライダルリングの割合はそう高くなく、欧米ではゴールドのマリッジリングが主流となっているほどです。

 

では、日本でこれほどまでにプラチナのブライダルリングが支持されているのは、一体なぜなのでしょうか?

 

プラチナのブライダルリングが良いとされる理由 ダイヤモンドと相性が良い

白い貴金属であるプラチナは、無色透明のダイヤモンドと最も相性が良い素材と言われています。
婚約指輪に使われるダイヤモンドは、透明度の高い高品質のもの。
この無色透明で透明度の高いダイヤモンドの魅力を最大限に引き出せるのは、プラチナを置いて他にありません。

 

実は、品質が高いダイヤモンドにゴールドなど色味が強い金属を合わせると、爪や石座の色が石に映りこんでしまい、ダイヤモンド特有の美しい輝きが黄味がかってしまい、魅力を半減させてしまいます。
そのため、婚約指輪としてダイヤモンドリングを選択する割合の多い日本では、自然とプラチナリングの割合が高くなるという訳です。

 

プラチナの婚約指輪が良いとされる理由 いつまでも輝きが変わらない

貴金属の中には、ホワイトゴールドのように、加工することで白い色となる金属も存在します。しかし、白く加工した金属は経年劣化を起こす、変色する、加工が難しくなるなどの問題があります。
そのため、ダイヤモンドの婚約指輪の素材として使われた場合、メンテナンス面で支障が出たり、作り直しが必要となったりといったデメリットが出やすくなっています。

 

これに対して、プラチナは元々白い金属であり、結婚指輪に採用されることの多いPt950(95%プラチナ)などの場合は、長い年月身に着けていても、輝きを失ったり曇ったりすることがありません

 

結婚指輪は日常的に身に着け、長い時間を共にする大切なリングです。それだけに、劣化がほとんど見られず、傷も付きにくいプラチナは、結婚指輪の素材として最上だとされているのです。

 

また、こういったプラチナの持つ「普遍性」が、「永遠の愛」「変わらぬ絆」などをイメージさせるため、婚約指輪・結婚指輪に広く用いられるようになったとも言われています。


このページの先頭へ戻る