失敗しない婚約指輪選び【サイズの測り方】

失敗しない婚約指輪選び【サイズの測り方】

婚約指輪を選ぶ際に「自分や相手の指のサイズが分からない」なんてケースは少なくありません。
婚約指輪は日常的に嵌める方も多いものだけに、サイズが合っていないと、毎日違和感や不具合が出る可能性があります。
そこで、このページでは自然に指にフィットする指輪選びができるよう、指のサイズの測り方についてご紹介していきたいと思います。

 

糸を利用してサイズを測る

指輪のサイズは、ご存じの通り指の円周によって決まります。
そこで、よく用いられる測定方法が「指輪を嵌める指に糸を巻き、その糸の長さを測る」という方法です。

 

但し、この方法は糸を巻きつける力具合や糸の貼り方によって、多少誤差が出てきてしまいます。
糸を使った測定方法は、あくまで簡易的な方法として利用されることをおすすめします。

 

サイズ棒を使って測る

サイズ棒とは、目盛のついた測定用の棒で、普段つけている指輪を通すことで指のサイズが分かるようになっています。
そのため、厳密には「指のサイズを測る」というよりは「いつも身につけている指輪のサイズを測る」器具と言えるでしょう。

 

サイズ棒は細い部分からだんだん太くなる、ちょっとした円錐状の形をしており、棒にリングを通して止まった部分の目盛を読む、といった仕組みになっています。
普段指に嵌めていて「気持ちいい」「心地よい」と感じる指輪を使って測定すると、指にフィットしたサイズを知ることができます。

 

リングサイズゲージでサイズを測る

リングサイズゲージは、実際に指輪を付けた状態でサイズを測定できる器具です。
素早く、かつ正確に指輪のサイズを測ることができるため、多くの人がこのリングサイズゲージを利用して婚約指輪を購入しています。

 

リングサイズゲージは、一見すると、ストレートリングがたくさん付いた器具に見えるため「ちょっと高そう……」なんて感じる方が多いようですが、実際には1000〜2000円程度なので、負担が少ないと言えるでしょう。
また、宝飾店・ジュエリーショップによっては貸し出しを行っていたり、店頭でリングサイズゲージを使った測定を行っていたりしますので、店舗で相談してみるのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る